まぼろしのしじみ

it00951
it00951
it00951
it00951
it00951
it00951
it00951
it00951
it00951
it00951
it00951
it00951
商品番号:it00951

まぼろしのしじみ(300g)北海道大樹町産幻の蜆 大粒のシジミ(ヤマトシジミ)日本最大級の大きさ(しじみ味噌汁 しじみご飯 蜆の酒蒸し)粒が大きく濃厚!

在庫状態:在庫有り
発送目安:3~5日後
  • 海外発送 : ×
¥1,780
会員様53 ポイント還元 (3%)
数量
北海道大樹町(たいきちょう)は、北海道の東部、十勝の南に位置しており東側は太平洋、西側は日高山脈に接しています。美しい自然に恵まれており、日高山脈からは日本一の清流の歴舟川が町を流れています。そんな大樹町の町内にある生花苗沼(オイカマナイトー)では、1年に1日だけヤマトシジミ漁が行われます。1年に1度の漁で、更には漁業者以外の方の漁が禁止なので、獲れる数量も少なく大変貴重な【しじみ】です。特別な大樹町のヤマトシジミ漁は、資源保護の為に1日限定の漁を解禁しています。この漁の準備として、事前に太平洋に面している砂壁を崩し、生花苗沼の水を抜いて漁を行います。


生花苗沼でのヤマトシジミ漁は、以前は数日間の漁期間があったそうです。しかし、シジミの減少に伴い、現在では1日限りの漁で、毎年夏ごろに行われます。このシジミ漁は機械等を使わずに、大樹漁協の漁師さんが生花苗沼の泥に入り、ぬかるみに足をとられながら手掘りでシジミを獲っていきます。1年に1日限りのシジミ漁の後には、しじみの稚貝を生花苗沼に放流し、翌年のヤマトシジミ漁に備えます。手掘りで獲った大型のシジミは直径が約4〜5センチ程にもなり、主に地元の道の駅等に出荷されます。■生花苗沼(オイカマナイトー)約12kmの汽水湖で、夏にはマリンジェットやカヌーといったマリンスポーツも楽しめます。名前の由来は、アイヌ語のオイカマナイトー(波が越えて入る沼)に由来しています。周囲の大半は森や湿原といった自然に囲まれており、砂流によって海と隔たれてシジミが育つ環境ぽくないのですが、地下水の交換により真水と海水が入り混じった特殊な場所です。生花苗沼で獲れるシジミが、日本でも最大クラスの良質と大きさになるのは、生花苗沼の環境がシジミを育てる栄養分や、砂と泥の割合、そして綺麗な場所というのがシジミの成長に適しているからだといわれてます。生花苗沼は特徴的な茶色の湖水で、この水底の泥がシジミにとって大きく、美味しく、肉厚になる養分を沢山含んでいるようです。野鳥を観察する為の小屋が設けられており野鳥や美しい風景を見る事ができます。


大樹町の名産品でもある、『まぼろしのしじみ』の特徴の1つは大きさです。普通のしじみと比べると全く違います。大人と子供という程の差があります。大樹町の生花苗沼に住むしじみは、生花苗沼の豊富な養分を含む泥の中で育つ事、そして1年に1度だけの漁をする事で日本最大級の大きさに成長するのだと考えられています。この大きさゆえに、一般的なシジミでは味わう事の出来ない歯応えを楽しむ事ができます。そして肝心な味の方も、シジミのエキスが濃厚で好評価を得ているようです!

上記の画像をみてもわかりますが、シジミの殻の色は生息環境により異なります。鉄分の多い生息域の場合は黒っぽくなり、そうでない生息域では黄色っぽくなるようです。

古くからシジミは肝臓に良いと言われています。お酒飲む前にシジミを食べればお酒を飲んでも次の日が楽ですとか、二日酔いの時にシジミを食べれば二日酔いが取れやすくなると言われています。これはシジミに含まれているオルニチンと呼ばれるアミノ酸の働きだと言われています。このオルニチンは体内でタンパク質にならずに遊離アミノ酸と呼ばれるものの一種で、体内でアンモニアの解毒に役立ち、肝臓の働きを助けて疲労回復にも役立つと言われています。そしてシジミには更に肝臓に良いと言われる成分があります。それはアラニンとメチオニンです。アラニンはアルコールの分解を助ける酵素であり、メチオニンはアルコールや脂肪分から肝臓を守る働きをしてくれているらしいのです。そしてビタミンB12は肝機能を高める働きがあります。シジミにふくまれているこれらの成分それぞれが、肝臓にとって有効な栄養を沢山持っているのです。しじみは淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝です。古くから日本人には、あさり貝同様に馴染みのある二枚貝です。一般的には味噌汁の具にしたり、佃煮にしたりして食べられています。また、蜆は面白いことに貝の色全てが黒色という訳ではありません。一般的にはシジミの貝の色は黒という認識があるのですが、実はしじみは環境によって様々な色のものがあるのです。茶色だったり、先の方だけ黄色だったり、赤や緑、黄色とカラフルな色のしじみもいます。これは生息している土壌の質により色が変わると言われています。 


 『まぼろしのしじみ』と言われるのは大きさだけでもありませんし、1年に1日だけしか漁が行う事が出来ないだけではありません。大樹町の名産になるだけの美味しさがあるからです。地元の漁師さんのオススメはやはり「お味噌汁」で、一番このシジミの美味しさを味わう事が出来るようです。鍋でシジミを煮込むと、鍋の中のだし汁が真っ白になる程の幻のシジミの存在感をアピールし、更に身肉は通常のシジミよりも分厚く、噛み応えがあります。濃厚で、旨味がたっぷりと詰まった『まぼろしのしじみ』を味噌汁で堪能してみてください!


 

鍋にお水としじみを入れます。

アクはなるべく取り除きます。

しじみの出し汁で鍋の中が真っ白になります。

お好みの味噌や具材を入れて完成。

 お鍋に水を入れ、しじみを入れて温めます。沸騰したら中火にして、お味噌を加えて2〜4分程煮込んで完成です。『まぼろしのしじみ』は既に砂抜きされていますので、調理前に洗うだけで簡単にしじみのお味噌汁を作る事ができます!しじみは少し地味と思われがちな食材ですが、『まぼろしのしじみ』の存在感は圧倒的で、食べると美味しくしみじみさせてくれますよ!


驚きの大きさと、肉厚で濃厚ななしじみの旨味が北海道大樹町産の『まぼろしのしじみ』です。後を引くしじみの美味しさが堪らない贅沢な逸品です! 

商品詳細

【商品内容】

大樹町【まぼろしのシジミ】

大樹町産しじみ内容量:300g保存方法:要冷凍(-18℃以下)御注意:解凍後はお早めにお召し上がりください。


【配送方法】

冷凍冷凍で発送

ご注意:こちらの商品は冷凍便で発送となります。※冷凍できない商品との同梱の場合はまとめて冷蔵便で発送致します。(冷凍商品は少し溶けた状態でのお届けとなります。その旨ご了承下さいませ。商品到着後はお早めにお召しあがり下さい。)※常温便、冷蔵便、冷凍便に別けて発送をご希望の場合はご注文時に必ず、お申し付け下さいませ。(常温便、冷蔵便、冷凍便に別けて発送をご希望された場合、別々に送料が掛かる場合がございます。)解凍後は生ものですのでお早めにお召し上がりください。冷蔵便での発送の場合は到着後、直ぐに召し上がらない場合は冷凍保存して下さい。