牛盲腸 1kg

sw01281
sw01281
sw01281
sw01281
sw01281
sw01281
sw01281
sw01281
sw01281
sw01281
sw01281
sw01281
sw01281
sw01281
  • 新着
  • 送料無料
商品番号:sw01281

牛盲腸 1kg 北海道産【メンチャン・大テッチャン】国産の牛モウチョウ 独特な食感の牛もうちょう 希少部位【もつ鍋・焼肉・バーベキューに!】ホルモン ほるもん もつ煮込み 牛肉 スープにも!【送料無料】

在庫状態:在庫有り
発送目安:約1週間後
  • 海外発送 : ×
¥3,980(税込)
会員様119 ポイント還元 (3%)
数量

ちょっと珍しい牛モウチョウです。牛小腸やシマチョウ、チョクチョウといったホルモンは良く売られていますが、実は牛モウチョウは余り売られていないので、食べた事無いと言う人も多いかもしれない部位です!


牛モウチョウとは?

牛モウチョウは人気があるかと聞かれれば、大きな声であるとは言えない部位です。それ程有名ではないですし、焼肉屋さんでも見かける事が少ないからです。
しかし美味しさ、風味は素晴らしく好んで食べる人も多いです。特に冬は鍋に使用される事が多い為に、需要が高くなり手に入りにくくなるようです。

モウチョウの特徴としては、程よい脂と歯応えがあります。食感としてはシマチョウ(ダイチョウ)を肉厚にした様な感じで、独特の歯ごたえを楽しむことが出来ます。
味は脂が程よくあるにも関わらず、あっさりしており、濃厚なホルモンの味を堪能する事が出来ます。
またフランスやイタリアでは、仔牛の盲腸はソーセージのケーシングとして利用されるらしく、大きめのソーセージを作るのに最適らしいです。
 

牛盲腸だけでなく、牛ホルモンの代表的な食べ方と言えばやはり『もつ鍋』です。程よい脂とたっぷりのコラーゲンは人気の鍋の1つではないでしょうか。
牛モウチョウも煮込めば、独特の歯ごたえが楽しめて美味しく頂く事が出来ます。
一緒に牛小腸やセンマイを入れて豪勢な『もつ鍋』にするのも牛を食べているという感じがしてオススメです!
牛ホルモンは鍋もそうですが、汁物との相性が良いので、ラーメンやうどんに入れると、ツルッとした食感と牛モウチョウの歯応えがミックスされて美味しく頂く事ができます!

※牛盲腸は流水でよく洗い、ヌメリを取ってから調理をしてください。

牛盲腸の別名としては大テッチャンと言ったり、メンチャンと言ったりします。言い方としましては、盲腸よりもメンチャン等と言った方が美味しそうに聞こえます。しかし余り市場に出回る事のない希少な部位なので知らない人も多い呼び名で御座います。

この牛盲腸はもちろん焼いても美味しく召し上がる事が出来ます!
脂は程よくのっており、さっぱりしていて歯応えや食感が抜群です。また脂の甘味も美味しく、箸が進んでしまいます!

下味の付いていない牛盲腸ですので、好きな味付けで食べる事が出来ます。下処理した牛盲腸をタレに少しの間漬け込み、ホットプレートやフライパンで焼くだけで美味しいオカズ、おつまみの出来上がりです!


焼き用に流水で水洗いした牛モウチョウを一口サイズに切り分けました。焼くとお肉は若干縮まりますので少し大き目に切り分けるのがコツです。
色はシマチョウに近いです。しかし厚みが全然違います。臭みも少なく、食べる前からプリップリッな食感が画像でわかると思います。もし匂いが気になる様でしたら、ニンニク等で匂いを抑えると良いかもしれません。
実際に焼いて食べると、食感は丸腸に近いです。プリッとしているのですが、コリッともしています。丸腸と違うのは脂です。丸腸程脂が多くないのであっさりしていて、いくらでも食べれてしまいます!

今回網焼きしたこちらの牛盲腸はそばつゆに漬け込み、更に胡麻をまぶして焼いてみました。牛もうちょうの食感とそばつゆの甘いタレが合います!最高に美味しいですよ!!


商品詳細

商品内容

国産牛盲腸
【大テッチャン・メンチャン】

原材料名:牛盲腸
内容量:1kg
保存方法:要冷凍(-18℃以下)

※生食用ではありません。しっかりと火を通してからお食べ下さい。

配送方法

クール便:冷凍

ご注意

※冷凍できない商品との同梱の場合はまとめて冷蔵便で発送致します。
(冷凍商品は少し溶けた状態でのお届けとなります。その旨ご了承下さいませ。商品到着後はお早めにお召しあがり下さい。)
※常温便、冷蔵便、冷凍便に別けて発送をご希望の場合はご注文時に必ず、お申し付け下さいませ。
(常温便、冷蔵便、冷凍便に別けて発送をご希望された場合、別々に送料が掛かる場合がございます。)