石臼挽き蕎麦粉 ほろみのり【500g】

si03203
si03203
si03203
si03203
si03203
si03203
si03203
si03203
si03203
si03203
商品番号:si03203

石臼挽き蕎麦粉 ほろみのり【500g】幌加内産

内容量:500g
在庫状態:在庫有り
¥823
数量

そば農家さんのところへお邪魔してきました(^o^)

 

  • 店長、農家さんにそばについて、いろいろ熱く、お話をしていただきました。有難い事です。
  • 見てください!待ちに待った新そば!



 


右が幌加内産やぶ粉
左が幌加内産更科粉
中央がルチン100倍!だったんそば粉
右側が藪そば(田舎)の原料となる藪粉です。もちろん蕎麦本来の風味は絶品!左側が更科蕎麦の原料となる更科粉です。蕎麦の実の中心部を選りすぐり、風格ある色合いをしています。もちろん2タイプ共、蕎麦掻き、蕎麦団子としても美味しく召し上がれます。真ん中の黄色いそば粉はダッタンそば粉です。ダッタンソバは、日本ではほとんど栽培されておらず、珍種のそばです。ダッタンそばのそば粉は、黄色い色をしていて、少々苦みがありますが、非常に身体に良く、ルチンが日本のそば粉の100〜150倍含有されています。ダッタン蕎麦は普通のそばにはほんど含まれないシス、ウンベル酸が豊富に含まれています。ご家庭でもだったんそばを堪能されてはいかがでしょうか!石臼一本挽そば粉は甘皮まで挽き込んだ挽きぐるみ!素材の持つ本来の味・コク・香りを引き出し、粘着力のあるそば粉に出来上がっています。

 

打ち易さ度(★が多いほど打ちやすいです)
  • 極上石臼一本挽粉
    北海3号石臼挽き粉
    中標津石臼挽き粉
    ★★★★★

     

  • 牡丹そば粉
    石臼一本挽粉
    せいろ用石臼挽き粉
    ★★★★

     

  • ほろみのり
    やぶ粉(黒)

    ★★★

     

  • だったんそば粉

     

    ★★

     

  • 更科粉(白)
    御膳粉(白)

     

  • ?

 

吉粋の石臼挽きそば粉ができるまでの様子です!!
  • 店長が持っているのは玄蕎麦(そばの種です)

     

  • これが抜きそばです。玄蕎麦の殻をきれいにとりのぞいたそばの実のことです

     

  • このそばの実を石臼機に投入します。何れにしても、殆ど、手作業状態です。

     

  • この石臼でゆっくり挽いたそば粉が石臼挽き粉といわれ、1時間に2キロ程しか挽けません。

     

  • 大変労力と時間が掛かりますが非常に香りがよく、打ちやすく美味しいお蕎麦が出来上がります

     

  • 挽きたてのそば粉をぐっと握り、手を離すと握った形のままになります。じつに、柔らかく、つながりが良い。

     


更科粉とやぶ粉の違い

そば粉は内側から、大きくわけて内層(一番粉)、中層(二番粉)、外層(三番粉)といいます。
やぶ粉・更科粉の違いはどの部分を使用してるかの違いです。更科粉は内層部分実の部分だけを使用します。やぶ粉は、二番粉・三番粉、中、外層の部分を使います。やぶ粉を使用した薮そばは、香りが強く歯ごたえが良く、タンパク質が豊富、更科粉を使用した更科そばは、のどごしがよく大変食べやすいといわれています。

二八蕎麦の材料と道具(そば粉1kgにて約12人前が作れます)

-材料-
◆そば粉:1kg◆小麦粉(強力粉):250g◆水・又はぬるま湯:560cc前後◆打ち粉:200g
-道具について-
◆ボウル◆計量カップ◆めん棒◆まな板◆延し台・広めのテーブル◆ふるい◆はかり◆包丁◆保存容器


ご家庭にある道具で簡単に蕎麦が打てますよ!
☆延すには?☆

蕎麦を打つには専用、専門の道具が必要?あればベストと思いますが・・初めは家庭にある道具でも十分に蕎麦を打つ事が出来ます。先に練りまとめた生地を延すのに、直径3〜5cm、長さ60cm以上の棒が必要となります。(麺棒と言われているもの)表面が滑らかで反りのないものなら長めの”スリコギ”で代用出来ます。この延す時に広くて平らな場所が必要になりますが大きめの食卓テーブルにても十分です。(反りの無いものがベスト)この延す時に打ち粉が必要となります。


☆切る、茹でるには?☆

ご家庭にある包丁(刃が平らな菜切り包丁がベスト)、まな板(よくあります白いプラスチック製でもOK!平らなものがベスト)にて十分!延し終えた生地を包丁の長さよりも短めにたたみ、切りやすいように、まな板と生地にタップリ打ち粉をふりかけます。茹でる前にはこの打ち粉を十分に落とす事を忘れずに!さて!レッツゴー^^


 

新品種!
幌加内町が10年の歳月をかけ、研究を重ね、独自に開発した注目の新品種、ほろみのり
ほろみのりは幌加内でしか手に入らず、まだ入荷量に限りがあり、手に入りにくく、大変貴重な逸品。
今まで、幌加内の生産の大半を占めてきた「キタワセ」に比べ、一度の収穫で上質のそばの実がたくさん収穫できるよう品種改良。
食味は素朴な味のキタワセと比べ甘味があり、癖がなく上品な味と注目されています。まとまりやすく、打ちやすい粉、歯ざわりの良い、シコシコした、仄かな香りと甘みのある蕎麦が楽しめます。
幌加内のそば粉が美味しい理由
そばは寒暖差があり、霧が発生し、湿度の低い地域のものがおいしいと言われていますが幌加内町は、日中は30度を越す夏の日でも、夜には10度前後まで気温が下がり、朝もやの発生も多く、1年を通して湿度が低い、という気象条件にあります。そばづくりには最も適した地域と言えます。そばの実は、ゆっくりと熟し、甘味の強いおいしいそばに育ちあがります。

商品詳細

【商品内容】

北海道幌加内産
石臼挽きそば粉ほろみのり

内容量:500g


【保存方法】

◆高温・多湿を避けて冷暗所にて保存して下さい(夏場は必ず冷蔵庫に保管して下さい)
◆湿気に弱い為、使用後は密閉して保存して下さい。又長期保存する場合は冷凍庫での保存をお勧め致します。

【配送方法】

常温常温で発送