秋鮭飯寿し 400g

s04421
s04421
s04421
s04421
s04421
s04421
s04421
s04421
商品番号:s04421

秋鮭飯寿し(アキジャケいずし あきざけ飯寿司)400g(北海道の郷土料理)小樽 八丸堀内水産 伝統料理 飯寿司 手作りのいずし 漬物 正月 アキザケ

在庫状態:完売御礼
発送目安:3~5日後
  • 海外発送 : ×
¥2,380(税込)
会員様71 ポイント還元 (3%)
只今お取扱い出来ません

北海道産の新鮮な秋鮭を使った小樽 八丸堀内水産の飯寿司です。北海道では昔から冬のおかずや、お酒のおつまみとして親しまれている伝統の郷土料理が「飯寿司」です。防腐材・着色料不使用で、お魚の味の特徴を醸し出す樽を使用し、麹、お米、魚の旨みを一緒に漬け込む発酵食品です。ご飯のお供やお酒のアテに、解凍してそのままお召し上がり頂けます。

小樽 八丸堀内水産の飯寿し

古くから北海道有数の港湾都市として発展してきた小樽は、厳寒な日本海に面し、勇壮な海岸は「ニセコ積丹小樽海岸国定公園」に指定されるなど、自然環境にも恵まれています。
この小樽で、堀内水産は約100年に渡り鰊建網を営んできた歴史を持ち、伝統の製法にこだわった手作りの飯寿司を作り続けています。

北海道の秋の味覚・秋鮭の飯寿司

■秋鮭飯寿司
秋に産卵の為北海道に戻ってくる鮭を秋鮭と言います。その北海道産の新鮮な「秋鮭」を漬け込んだ飯寿司です。良質な秋鮭とキャベツ等の野菜を厳選してじっくりと漬け込んでいます。秋鮭の熟成された美味しさを楽しむことができる逸品です。
川で誕生した鮭は、成長と共に海に下り、産卵までの数年間は北の海で成長します。そして産卵期の秋に再び生まれた川を目指して上ってきます。どうやって産まれた川に戻れるのかはわかっていませんが、川に遡上する為に秋鮭は脂を蓄えます。その為、秋が旬の魚で北海道を代表する魚の1つでもあります。


北国限定の漬物「飯寿司」

飯寿司(いずし)は、北国である北海道のお正月やお祝いの御馳走として親しまれている郷土料理です。昔、北国では木の葉の落ちる頃、やがて来るであろう冬将軍(雪)に備えて、豊富な魚を原料に、冬季の間最も不足になやまされた蛋白源を補うために創造したのが『飯寿し』でございます。

飯寿司の特徴

旬の新鮮な魚を酢でしめて、糀(こうじ)、米、野菜などで手間ひまかけて、じっくりと時間をかけて発酵させ、じっくりと旨味を出し、漬け込んだものです。
北海道では冬が近づくとご家庭で、にしん、紅鮭、はたはた等、昔ながらの製法で飯寿し(イズシ)が作られています。
米の甘さと乳酸の酸っぱさのバランスが絶妙。熟成された魚と野菜の旨みがこたえられない味わいです!
米を使って発酵させることで、長い冬の間、その美味しさを保ちつづけます。
発酵食品である飯寿しにとって大切なのは温度の管理。素材の鮮度を守るため、製造するのは9月から3月下旬までとなります。
新鮮な原料と高度の技術によりまして製造された、『飯寿し』北国の味を御賞味下さい。

飯寿司のポイントは、自然に育てられた乳酸菌です。
飯寿司は、原料の下ごしらえから全て手作業にこだわって作っています。ひと樽ずつ丁寧に漬け込んでじっくりと熟成させていきます。急速に熟成させる為に調味料を多く使用したりはせずに、防腐材・着色料が無使用で、手間と時間を惜しまずに漬け込むことで乳酸菌を自然に育てています。乳酸菌のおかげで原料の魚からコクと旨みを醸し出す事が出来る発酵食品です。飯寿司の旨さを引き出すのは良い乳酸菌が大きな要因だといわれています。

※保存料を使用しておりませんので、解凍後はお早めにお召し上がりください。


魚と野菜のそれぞれの持てる味を生かした、北国北海道の伝統的な味を御賞味下さい。
日本酒にぴったり、炊きたてご飯にはわさび醤油やマヨネーズ、一味唐辛子などをかけてでどうぞ!

商品詳細

【商品内容】

秋鮭飯寿し

原材料名:秋鮭(北海道産)、米(国産)、人参、大根、胡瓜、生姜、砂糖、食塩、異性化液糖、唐辛子、糀(国産)、発酵調味料、食酢、ソルビット、調味料(アミノ酸等)、酸味料、甘味料(ステビア、カンゾウ)、(一部にさけを含む)
内容量:400g
保存方法:-15℃以下
※解凍後は10℃以下で保存し、4日以内にお召し上がりください。


【配送方法】

クール便:冷凍

※冷凍できない商品との同梱の場合はまとめて冷蔵便で発送致します。
(冷凍商品は少し溶けた状態でのお届けとなります。その旨ご了承下さいませ。商品到着後はお早めにお召しあがり下さい。)
※常温便、冷蔵便、冷凍便に別けて発送をご希望の場合はご注文時に必ず、お申し付け下さいませ。
(常温便、冷蔵便、冷凍便に別けて発送をご希望された場合、別々に送料が掛かる場合がございます。)