二色黒豆栗きんつば

rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
rb02022
  • 新着
商品番号:rb02022

二色黒豆栗きんつば 栗の優しい味わいと風味豊かな黒豆の贅沢な二つの美味しい味わい 1つで2つの味が楽しめる メール便対応

在庫状態:在庫有り
発送目安:3~5日後
  • 海外発送 : ○
¥1,080(税込)
会員様32 ポイント還元 (3%)
数量

栗の優しい味わいと風味豊かな黒豆の贅沢な二つの美味しい味わいをきんつばにしました。
一つのきんつばで二度美味しい!豆の食感がしっかりとしていて優しい甘さが広がります。

和生菓子と言えば餡!栄養豊富な白生餡(いんげん豆)と小豆を使用しています。後を引くあっさりとした餡なので、ついつい手が伸びてしまいます。いつの時代にも愛され親しまれてきた日本の味だと思います。


きんつばの由来

【きんつば】というと四角いものがおなじみですが、もともとは【刀の鍔(つば)】のように丸い形をしていました。今でも丸いきんつばをつくり続けている老舗もあるそうです。大阪で生まれて「銀鍔」の名で売られていたお菓子です。当時、大阪の銀鍔は周りに米の粉をまぶして焼いたので焼き色がつきにくかったことから銀鍔でしたが、江戸では小麦粉を水溶きにして、それをまぶして焼いたため、若干焦げ色がつき、金色にみえたことと、【銀より金が上】とのことで【きんつば】と呼ばれるようになったそうです。


きんつばは一見シンプルに見えますが、色んな豆が使われています。
かのこ豆として小豆と黒大豆。そして白生餡と赤生餡にはいんげん豆が使われています。
かのこ豆は鹿の子豆と書き、粒の揃った豆が鹿の背の斑点の様に見える為鹿の子豆と名付けられたそうです。

黒豆のきんつばには、黒大豆と小豆が粒になって入っています。餡の部分の甘味はしばらく口の中に残り、甘さの余韻を感じることができます。

栗のきんつばには、細かく砕いた栗の甘露煮が入っており、少し甘さは控えめで上品な味です。噛むにつれてだんだんと栗の美味しさが口の中に広がっていきます。

割ってみるとつやのある餡がたっぷり。食べやすい一口大サイズで、厚すぎない皮とモチっとした食感。二層に分けられた上品な甘さの餡のバランスがとても美味しいです。

まろやかな口当たりと品の良い甘さ、大人から子供まで飽きのこない味が年代を超えて楽しめます。甘味の強い黒豆と上品な甘味の栗!素材の味を最大限に生かして作られたふたつの味をお楽しみ下さい。

商品詳細

商品内容

二色黒豆栗きんつば

内容量:3個入
原材料:かのこ豆(砂糖、小豆)(国内製造)、砂糖、白生餡(いんげん豆)、小麦粉、水飴、赤生餡(いんげん豆)、栗甘露煮(栗、砂糖)、黒豆かのこ(黒大豆、砂糖、還元水飴)、寒天、白玉粉(もち粉、でん粉、食塩)/甘味料(ソルビトール)、保存料(ソルビン酸K)、グリシン、pH調整剤、膨張剤、クチナシ色素、乳化剤(乳由来)、酵素(大豆由来)
保存方法:直射日光及び、高温多湿を避けて常温で保存して下さい。

栄養成分表示[100gあたり]※この表示値は目安です。
エネルギー:321kcal、たんぱく質:6.9g、脂質:1.0g、炭水化物:56.5g、食塩相当量:0g


配送方法

常温で発送