中札内田舎 若どり山賊焼 500g×20袋

fs00271
fs00271
fs00271
fs00271
fs00271
fs00271
fs00271
fs00271
fs00271
fs00271
fs00271
fs00271
  • 送料無料
商品番号:fs00271

中札内田舎どり 若どり山賊焼500g×20袋(中札内田舎どり 業務用 合計10kg)北海道中札内村産 山賊焼き(甘辛いタレで味付き)

在庫状態:在庫有り
発送目安:約2週間後
  • 海外発送 : ×
¥17,080
会員様512 ポイント還元 (3%)
数量

 

北海道中札内と言えば有名なのが鶏肉です。道内で有数の集客数を誇る、中札内道の駅の人気の【中札内田舎どり】を使った『若どり山賊焼』です。


北海道の銘柄鶏である「中札内田舎どり」を特製のタレで味付しました。そのまま焼くだけで、あっさりとした食感の『若どりの山賊焼』をお召上がり頂けます。

中札内村は北海道で一番人口の多い村といわれており、十勝の中心都市である帯広市からおよそ28キロ程の場所にある農村地帯です。村名となる「ナカサツナイ」の語源はアイヌ語で「乾いた川」を意味するサチナイと札内川の中流に位置するという意味のようです。
自然に恵まれた土地で、夏季は20度前後で冬季はマイナス10度前後と寒暖の差が激しいと地域でもあります。
主要産業は農業で、寒冷型の畑作や酪農、そして畜産を主体とした生産性の高い農業を営んでいます。観光名所でもある札内川園地の「ピョウタンの滝」や「札内川ダム」は雄大な自然を求める観光客の方々に人気があるようです。

これまでの鶏肉の欠点として言われてきたのが鶏肉臭さや、皮下脂肪の多さ、そして鮮度劣化が早い事も言われてきました。それらの改善を目標に改良し、欠点を克服したのが【中札内田舎どり】です。欠点を克服しただけでなく、安全性を高め、従来のブロイラー肉より更に美味しい鶏肉を作り上げています。

北海道十勝地方の、肥沃な大地と広大な自然の「中札内村」で育った【中札内若どり】は、北海道の銘柄鶏といわれるまでになりました。

飼料自家配合
「飼料自家配合工場」を建設し原料を厳選して安全な飼料で中札内「田舎どり」を育成しています。飼料は地養素を主添加しており、鶏肉独特の臭さが抑えられた、コクのある美味しい鶏肉です。

安全飼育管理
抗生物質投与の休薬期間は「34日間〜40日間」という他に類をみない安全飼養管理がされた鶏肉です。

産地直送
若鶏の処理工場は早朝から稼動し、十勝地区は6時間以内、他地区は14時間以内のフレッシュ若鶏をクール低温度帯で産地直送しています。

疫病防止対策
疫病発生防止対策として「家畜自衛防疫組合」による徹底した予防活動を図っています。

万全のスタッフで管理
生産管理スタッフは獣医師、食鶏検査員、畜産研究所、専門技術員等の要因で万全を期しています。


 

山賊焼きとは国産の鶏肉を使用します。部位としては主に鶏もも肉を用いた料理です。このレシピとして2種類伝えられていますが、作り方は全く異なります。
一つは長野県の郷土料理として広まったもので、鶏もも肉を特製の醤油ダレに漬け込み、片栗粉をまぶして油で揚げます。
もう一つは、骨付きの鶏もも肉をニンニク風味の照り焼き風のタレを絡めて、オーブンやグリル、炭火等で炙り焼きにした料理です。山賊焼の発祥についての詳細はわかってないようで、様々な由来があるみたいです。

※画像は山賊焼のイメージです。

広大な土地で育った中札内の鶏は、平飼いで野性に近い運動量を誇り、ストレス無く育つので臭みも少ないといわれてます。その中札内田舎どりに、吟味して味付した自然豊かな逸品です。海、山等レジャーのお供にご利用頂けます!

商品詳細

【商品内容】

 中札内田舎どり【若どり山賊焼】

原材料名:鶏肉(北海道産)
タレ【醤油、米発酵調味料、砂糖、生姜、りんご果汁、玉ねぎ、レモン果汁、コンブエキス、にんにく、ハチミツ、酵母エキス、唐辛子】
※原材料の一部に小麦、大豆、リンゴを含む
内容量:500g(鶏肉350g、タレ150g)×20袋
保存方法:-18℃以下で保存して下さい。

【お召し上がり方】

・美味しく召し上がるにはジンギスカン鍋、又はホットプレート等で中心部までよく加熱し、野菜等を入れてお召上がりになりますと尚一層食卓が楽しくなります。
・いったん解凍したものを再び凍らせますと、品質がかわることがあります。
・開封の際にタレがこぼれる恐れがありますので、衣服の汚れなどにご注意下さい。
・開封後はなるべく早めにお召し上がり下さい。
・あらかじめ処理してありますので、中心部まで十分に加熱してお召し上がり下さい。


【配送方法】

クール便:冷凍